左手

小説を読んでいて、左手に感じる残りページが少なくなると、
途端に気持ちがドキドキしはじめて、内容が頭に入ってこなくなる。
僕だけだろうか。